« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月13日 (木)

【円居の熟成牛すき鍋の特徴】

Sukinabe

〈40日熟成した黒毛和牛〉

①A5ランク国産黒毛和牛熟成肉

②有機トマト、玉ねぎ

③自家製 和出汁ベース割下

国産黒牛和牛はすべてA5ランクをご用意。飼育の過程をしっかりトレースできる国産和牛のみ厳選しております。産地、生産者、共にしっかりと身元が分かる国産A5ランクのお肉をご用意。そして、東京の鉄板焼き店では当店だけ、40日熟成したリブロースをご提供そして、お肉と一緒の有機トマトの酸味と玉葱の甘味が和牛との絶妙なハーモニーを奏でます。割下は醤油ベースですが、自家製の和出汁をご用意。有機トマトの酸味と玉葱の甘味が和牛との絶妙なハーモニーを奏でます。

【熟成牛すきの食べ方】

Sukinabe2

〈少し変わった 円居のすき鍋の食べ方〉

円居の「牛すき」は一般的は「すき焼き」とはお楽しみ方が違います。少し独特な食べ方になっておりますので、ご紹介いたします

Sukinabe3

 ①火を入れて、少し煮立ったら早速 和牛1枚1枚入れて行きます

Sukinabe4

②トマトと玉葱の上に丁寧に一枚一枚入れて行くと、下から湧き出る自家製割下と有機トマトの酸味、玉葱の甘味がしっかりお肉まで届きます。

Sukinabe5

トマトは煮込みのように、形が崩れるころお肉が少しピンクががった状態が食べごろです。  円居のすき鍋はこのトマトが崩れて割下になじむ頃が一番おいしくお楽しみいただけます。

Sukinabe6

国産A5黒毛和牛+有機トマト、玉葱+自家製無添加割下 とすべてオーガニックですので、卵も拘ります。卵は「名古屋コーチン」の卵を使用。  写真のように簡単には割れない、抜群の鮮度となっております  

【ワインに合う 熟成すき鍋】

 

Sukinabe7_2

〈ワインと合うように開発された牛すき〉

黒毛和牛とトマトは間違えなく赤ワインとマッチしますが、円居のすき鍋は 割下が和出汁となっております。この和出汁がさっぱり感を演出して、食中のワインとの相性を抜群にしています。写真はCARNIVOR 肉専用!というくらいお肉との相性が良いワインです。カベルネの濃厚は味わいがすき鍋とマッチします。

Sukinabe8

そして、ブルゴーニュは正に絶妙!な組み合わせ。ルイジャト社のピノノワールはこれ以上高いワインが必要?と思わせる出来栄え。

Sukinabe9

自家製の和出汁ベースの割下を加えて、更に食中のワインとの相性を高めます。

Sukinabe10

そのままワインと合わせていただけますが、すき鍋の定番卵をからめても、、、しっかりワインとの相性は守られています。

 

2016年10月 7日 (金)

【秋フェアーのご紹介】

~ふぐの鉄板焼き~

20161007_4


秋から冬にかけて旬を迎えるふぐ。
鉄板焼きで外はカリカリ、中はふんわりと焼き上げました。
ソースは卵を使ったオランデーズソース。
ふぐの旨みをさらに高める上質な味わいです。
日本酒と一緒にぜひどうぞ。

円居 ‐MADOy‐ 横浜 のサービス一覧

円居 ‐MADOy‐ 横浜